梅田ビューティークリニック

梅田ビューティークリニックの医療脱毛は痛い?|結論:痛くないです

「脱毛する時って結構痛いって聞くけど、どれくらい痛いんだろう…。脱毛に興味はあるけど、そこが心配です。」

こんな疑問にお答えします。

脱毛する際の施術の痛みって気になりますよね…。

「耐えられない痛みだったらどうしよう…」と心配になる気持ちも分かります。ですが、医療脱毛に関してはそこまで神経質に悩む必要は全くありません。

実は医療脱毛は個人差はあれど、思った以上に痛くないです。
「全く痛くない」と言えば嘘になりますが、施術回数を重ねるごとに痛みが減少していきます。

脱毛で痛みを感じるメカニズム

脱毛の際、黒い色素(メラニン)に反応するレーザーを使い、照射で毛根の細胞にダメージを与えます。

レーザー照射を繰り返す事により、毛根細胞は徐々に破壊され、最終的に抜け落ちます。
これが脱毛の仕組みです。

この脱毛で痛みを大きく感じやすい要因は大きく分けて2つあります。

脱毛時に痛みを感じる2つの理由

細かく言うと沢山あるのですが、脱毛時に痛みを感じる理由は主に2つです。

①レーザーの出力
②毛の濃さ

①レーザーの出力

医療脱毛は脱毛効果が高い分、レーザーの出力も高いです。
「レーザー出力の高さ」は「痛みの強さ」に比例しているので、これは大きく関係していると言えるでしょう。

②毛の濃さ

レーザーは黒い色素に反応する、と説明しました。
毛が濃い部分は黒い色素が密集しており、この部分への照射はやはり痛みを感じやすくなるようです。

ただ、脱毛の回数を重ねるごとに毛は薄くなるので、初期の段階では少し我慢したいところではありますね。

痛みが気になるなら「麻酔」がオススメ

脱毛をするなら「痛み」は避けられないかというと、実はそんな事はありません。
脱毛の痛みを減らす方法は2つあります。

脱毛の痛みを減らす2つの方法

①麻酔を使う
②痛みが少ないクリニックを選ぶ

①麻酔を使う

脱毛時には肌に塗る「麻酔クリーム」か鼻から吸う「笑気麻酔」の2種類の麻酔のどちらかを選ぶ事ができる場合がほとんどです。

もちろん個人差はありますが、脱毛時の痛みは麻酔でかなり軽減されます。

ただ、麻酔を使うデメリットとして「追加費用」がかかる場合があります。こう考えると、費用面で少しかさむ場合があり、一概に麻酔が良いとは言えませんね。

②痛みが少ないクリニックを選ぶ

医療脱毛を行なっているクリニックの中では、痛みを軽減しながら効果がしっかり出る脱毛機器を使用するクリニックも中にはあります。

「なぜ痛みが少ないのに効果が出るの?」という疑問を抱くかもしれません。

これは「バルジ領域」という毛根に栄養を与える細胞にピンポイントでレーザーを当てる事により、痛みが強い深層部分まで照射する必要がなくなったからです。

とはいえ、このバルジ領域にピンポイントでレーザーを当てるには特殊な機器を使用しなければならなく、それを揃えているクリニックでなければ実現しません。

脱毛の痛みが苦手な人は梅田ビューティークリニックへ

脱毛の痛みを減らすには、クリニックを選ぶと説明しました。

具体的には「医療脱毛の際に、痛みが少ない機器を使っているクリニック」を選ぶのがベストです。

ちなみに大阪でクリニックを選ぶのであれば「梅田ビューティークリニック」がオススメです。

痛みを極力減らした特別な脱毛機器を導入しており、脱毛の際も痛みを気にせず安心して利用できます。